円山大飯店

台北で宿泊をするなら円山大飯店でしょうね。
1952年 -- 台湾省敦睦聯誼会が結成され、台湾大飯店として開業
1968年 -- アメリカ合衆国(美國)の雑誌より世界10大ホテルに選定される
1973年 -- 14階の中国宮殿式メインホールが落成
1995年 -- 改修工事の際に失火
1998年 -- 修復後営業再開
台北の円山大飯店は日本統治時代剣潭山に建立されていた台湾神宮の跡地を利用して建設された。建設に際しては龍の彫刻を多用し、龍宮との異称を有す。また龍以外にも石獅、梅花をふんだんに用い、中国建築の特徴を全面に出した装飾となっている。

またこの台北のホテルでは地下道の存在も有名である。過去において円山大飯店が政治色が強いホテルであるため、蒋介石総統時代、長さ180mの地下道が建設された。1963年の改築の際には東西2本の地下道が設けられ、滑り台も設置された。地下道はホテルから剣潭公園と北安公園に連絡しているが、現在一般公開はされていない。

丘上にそびえ立つ中華宮殿風の大型建築。これが円山大飯店です。大きな中華風屋根と赤い柱が印象的な建築で、眺めるだけでも十分な迫力です。1952年に創立されて以来、政府が国賓を接待する場として、常に最高級のレベルを保ってきました。現在の建物は1973年に建てられたもので、堂々たる壮麗な風格はいつまでも変わることがありません。
ロビー・フロアに入ってみましょう。そこはまさに別世界が広がっています。宮殿の如く高級感あふれる雰囲気がいっぱい。真紅のじゅうたんと、精緻な彫刻が施された柱、高い天井、宮殿風のシャンデリアと、ロビーとは思えない空間です。これに圧倒されない人なんていないのではないでしょうか。
客室をのぞいてみましょう。室内は東洋的なセンスと、西洋風のモダンなデザインが溶け合って、とても優雅な空間となっています。レイアウトも十分ゆとりをもっています。また、部屋からの眺望も素晴らしく、台北市内が一望できるのはもちろん、松山空港に着陸する飛行機が真近に見られます。なんだか、ホテルから出たくなくなってしまうような気分になってしまうほどの快適さです。特筆すべきなのは、8階の客室。ここは歴代の中国王朝をモチーフに設計されています。ベッドカバーから壁紙、ソファーにいたるまで、あらゆるアイテムが骨董品のような雰囲気を持っています。ここまでの贅沢なら、大奮発する価値ありですね。


鶏肉と野菜のカシューナッツ炒め


ランさんが作る本格中華料理 ワンタンスープ(370g)


四季倶楽部 四季倶楽部の旅と宿



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。